当店取扱いの日本酒の蔵元のご紹介

古伊万里酒造 前(さき)

古伊万里酒造(佐賀)

明治42年(1909年)前田健市で出発。“京娘”“里の雪”そして“古伊万里”の名を通じ100有余年。
この伊万里の地で日本酒を醸し続けてまいりました。
 先代から引き継いだ今、蔵に良風を吹かせ、これからもお客様に笑顔で飲んで頂けるような酒を造り続けたいと考えます。
そのような酒造りを続けるためには、時代とともに変わるお客様の価値観や生活様式を十分に理解し、その時代時代で喜んで頂ける酒とは何かを常に考え続け、理想の酒を創るための工夫と研鑽を重ね、人様を喜ばせる酒を創り世に広めるためには、いかなる苦労もいとわない集団でありたいと思います。


基山商店

基山商店(佐賀)

九州佐賀県の東端、福岡県との県境の基山町にある小さな蔵。
明治初期に地主たち数名が共同で酒造りを始める。
1920年(大正9年)に合資会社基山商店を設立。
背振山系の伏流水と、地元のお米を中心に使い酒造りをしており、その酒は、地元に愛され親しまれる酒である。
26BYから蔵元杜氏となり古きを守り新しき風を吹かす蔵となった。

代表銘柄は「基峰鶴(きほうつる)」。


朝日酒造 久保田(くぼた)

朝日酒造(新潟)

地元の米と水を用い、先人たちから受け継がれた技で、誰からもおいしいと喜んでいただける酒を造る。
朝日酒造は、品質本位の酒造りを追求しています。

代表銘柄は「久保田(くぼた)」。


中尾醸造 幻(まぼろし)

中尾醸造(広島)

日本酒は、我が国の長い歴史と風土の中で2,000年もの時をかけて育まれて来た素晴らしい食の文化です。
現在の私達の日常にも様々な場面で日本酒が関わっています。
私達の使命はこの伝統を守り、時流に流されない本物の日本酒を真心を込めて丁寧に造り、それを口にした人の心を満たし豊かにすることだと考えます。

代表銘柄は「幻(まぼろし)」。